高圧洗浄で汚れを一掃

そろそろ、外壁塗装工事が始まると思えば、何かと気になるところでしょう。

具体的な工事の内容を知っておくのも、大切です。以下、説明していきます。

説明に当たっては、戸建てで平均的な4LDKを、職人さん2人で作業するという前提です。

施工期間は、8日~12日程度が目安です。初日の足場組立完了に続いて、2日目は、外壁と屋根の洗浄を行います。

今まで蓄積されてきた汚れ、コケ、カビ、劣化した塗料の粉をきれいに落とすために、まずは壁面や屋根を「高圧洗浄」していきます。

自宅で洗車に使うような洗車機をイメージしてもらえばわかりやすいでしょう。

ここで使用するのは専用の洗浄機を使って行います。高圧で放出される水には回転がかかっていて、かなりのパワーがあります。

このパワーで一気に、徹底的に汚れを落としていきます。初日に続いて、この日も音の出る作業となります。

最近は、静音タイプの機械も出回っていますが、使用されるかどうか業者によります。

ちなみに高圧洗浄機の圧力は、約150kgf/㎠。コイン洗車場の洗浄機が約80kgf/㎠だそうですから、あれよりも強いものだと言うことです。

以前は、この高圧洗浄がなく、汚れはブラシなどを使い手作業で払い落としていたそうです。

少しの汚れが残っていても、浸透性のある下塗り剤で固めてしまうから問題はないという昔堅気の職人さんもいますが、やはり仕上がりをよくするには、塗料の塗り方同様、この汚れを落とす作業も大事な作業です。

便利な文明の利器を使わない手はありません。ただ、便利な高圧洗浄機を使ったとしても、35坪ぐらいのお家の外壁だけで約半日、屋根・外壁となると、丸約1日は必要になります。

また、この作業は他の意味でも大事です。というのは、この時に汚れに隠れた新たな不具合等も発見できるからです。

工事屋さんにとっても、一時一時が気の許せない作業が続きます。

外壁塗装の流れを知ろうのトップへ