迷路な廊下

注文住宅の落とし穴として、間取りの廊下が迷路状態には要注意となるようです。もちろん皆さんがそのような迷路のような間取りの廊下を設計するために、注文住宅を利用されているというのであれば意味のあることではありますが、廊下が迷路になってしまうデメリットとして、住宅の完成後にいざ家具を搬入することができないといった側面もみられるようなのです。

最近の家具は、お客さまにて組み立て式である場合も増えてきておりますが、冷蔵庫や洗濯機はそうはいかないことを視野に入れておかなくてはならないようです。

またお子さまが成長してから購入を予定してるピアノなどは、その搬入経路をきちんと確保した設計が求められてくるでしょう。