屋根塗装に使用する塗料の種類を知っておきたい

屋根塗装は屋根に塗料を塗って、リフォームをする方法です。
比較的費用を抑えることが出来るので、屋根の劣化に気付いたら早めに施工を行う必要があります。
屋根塗装の素材はアクリルやウレタン、シリコン、フッ素などの種類があるので、住宅の形状や耐用年数、住んでいる地域の気候や風土に応じた商品を選ぶことが大事です。
アクリルやウレタンなどの塗料は費用を抑えることが出来ますが、耐用年数が6年から8年ぐらいと短くなります。
耐久性、防水性、遮熱性などが優れているシリコンやフッ素塗料は、費用は高めですが、10年から15年ぐらいは長持ちするのが魅力です。
台風やゲリラ豪雨などの被害が多い地域では、シリコンやフッ素塗料が人気があります。